ART GALLERY
 
 
 
夭折の版画家、菊池伶司の代表作「フィンガーサンプル」
とてもレアな物です。
一昨年、東京都現代美術館で行われた大竹伸朗の展覧会でも展示された、
初期のエッチングの代表作です
池田龍雄の「百仮面」全国の名だたる美術館にも数多く収蔵されてる作家
の代表的なシリーズの1点です。
 
東京都現代美術館の大規模な回顧展で注目を集めた、中村宏の
「水滴」小品ながら、良い時代の展覧会出品作です。
 
中村宏の「案山子の肖像」です。「水滴」と同じ1972年の青木
画廊の個展で発表された作品です。とても中村宏らしい細密描
写の油彩で、独特のシュールな感じに引きつけられます。
こういう細かい描写の油彩は70年代の後期になると見られなく
なるので稀少です。
 
山下菊二の奇怪、不気味といった作風が緩和されているほっと
する作品です。題名は「蛇裂」。ユーモラスな作風は神話、童
話等を連想させます。
 
山下菊二の「まつられる」。唯一のレゾネとも言える山下菊二
画集にもカラーで紹介されているグワッシュの代表作です。
 
山下菊二の「四国五番地蔵寺」は千社札をコラージュした意欲
作で、小品ながら山下夫人のお気に入りの作品だそうです。